読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとまずここで。

アイドルオタクがジャニーズについて色々。自分用備忘録。

昨年夏に急激にNEWS波がきた話。

いやー、ほんとに自分がわからないっす(´^o^`)

あれだけVさんVさん喚いていたのにこの変わり様。
ビビット毎週録画設定しました。
純白魂DVD予約しました。
過去のライブDVDを追い始めてます。
 
あかん。完全に堕ちた。
こんなにも生活を輝かせてくれた彼らに感謝しかない。東京に出かけ、街でWhiteの円盤の広告を見るだけで胸がズッキュン。(死語)
いい意味でこんなにも堕落してしまった私を変えたきっかけは昨年夏の初め頃である。
 
ふと動画サイトでNEWSの動画を見つけ、懐かしくなり動画サーフィン。
『Fighting Man』『恋のABO』辺りは、発売当時すごく好きだった。当時一緒にジャニオタやってたNちゃんを思い出す。
そして不意に見つけた『渚のお姉サマー』。どこかで聞いたことがあるサビ。(CMタイアップ曲だったのですね)タイトルの遊び心とは裏腹にめっちゃいい歌。振り付けもすごくキャッチーでかわいい。観進めるに連れ、ある人に目線がいく。加藤シゲアキです。
 
以前の、超個人的なNEWSのメンバーの印象としては、6人体制時代はリーダー山Pが引っ張り、錦戸もそれに次ぐ人気。手越・増田はテゴマスとしても活動していたから名前は知っていた。あとの2人。なんとなく認識はしているが詳しくはわからない。その程度の知識だったんです。
でも、新生NEWSになってから個々の露出も増え、(単に人数少なくなったからとか言わないで!)慶ちゃんはeveryのキャスター、シゲは小説家デビュー等が知名度アップの決定的な出来事ですね。私もその辺りからだんだんと認識するようになりました。
チャンカパーナ』リリース当時の衝撃とインパクトは半端じゃなかったですね。新しいこと始めてきたな、と4人になってもひたむきに頑張る姿を見て、当時まだ他グループファンをしていた自分も彼らの活動を密かに応援しておりました。
 
そんなチャンカパーナの印象が強めな中、ピュアピュアな恋愛ソングを爽やかに歌う彼らのギャップにやられた人。
 
 
初めて加藤シゲアキという人間を意識した瞬間。
 
 『火遊びしたいとか そんなガキじゃないけど』
カメラから目を逸らしがちに、はにかみながら歌うシゲ。"あれ?この人こんなにかっこよかったっけ?アカン、めっちゃ好きな顔やん"と軽く混乱。
 
『あなたのこと好きになってもいいですか?』
 是非!!!!!!
おーべいべ。ナツゴコロきらり。この時この瞬間から、私は加藤シゲアキ担になると確信しました。
 
『波が寄せるたび 悪戯な胸元』
 ここで、かざした手指の隙間から目元を覗かせる振り。極めつけのここのシゲに惚れました。なんてかっこいい人なんだ、何でこの魅力に今まで気づけていなかったんだ、と。
 
『はじめちゃってもいいじゃない?』
ラスサビ前のこのシゲアキさんのソロパートに後押しされるように、ジャニオタ復帰への道をソロリソロリと歩み始めました。
 
 
 
 それからしばらくは、他の趣味の方の追っかけに忙しくなっていたので、ジャニーズから離れていましたが、2015年秋から冬にかけて、V6というひっじょーに魅力的な彼らが、私をジャニオタへと完全に引き戻してくれました。ジャニオタ生活第2章の始まりです。それからジャニWebに本当に久しぶりに加入したりだとか、色んな久しぶりとご対面する新鮮な日々。
ラブセン重課金兵待ったなしの生活を送っている中でふと思い出したのは、加藤シゲアキさん。やっぱり、ドストライクなんだよな...。とまたNEWS熱が復活。

衝動的に『NEWS LIVE TOUR 2012~美しい恋にするよ~』の円盤を買ってしまったが為に、Vさんを凌ぐ勢いでグイグイと今急上昇しています。


ここまできたらダメですね、もう!
久しぶりの本格的なジャニオタ生活に心踊っております。

これから暫くは、NEWSの皆さんを追っていく生活をしたいと思います。変ラボも少クラプレミアムも始まりますしね。私にもNEWS波きてますが、NEWSにもいい風吹いてますね。
まずは今月のWhiteライブDVDを生きる糧に。